このページの先頭です

脇毛を抜くと脇が汚くなる?!脇毛を抜いて処理するデメリットとは?

416views

投稿日:

脇毛の自己処理で、毛抜きで抜くといった方法を実践したことはありますか?

もしかすると中学生や高校生など、まだまだ美容に関する知識が浅いころにやってみたことがある人もいるかもしれませんね。

確かに脇毛って自分で剃ったとしても限界があって、どうしてもブツンと断片的に毛を切っているので、毛穴がぷつぷつっと黒く見えて目立つんですよね。

だったら抜いちゃおう!なんて軽く考えて脇毛を抜く人もいるかもしれません。が、これって実はあまりお勧めできる方法ではないんです。

今回は脇毛を抜いて処理するデメリットをご紹介していきたいと思います。

[ スポンサードリンク ]

脇毛を抜くデメリット①脇が炎症を起こしてしまう

まず最初にご紹介するのは、脇が炎症を起こしてしまうというデメリットです。

脇毛だけに限らず、毛抜きで無理に毛を抜くと毛穴から血が出てきた経験はありませんか?

これは無理に毛を抜いたことで、毛根が傷ついてしまったから。そこにばい菌が入り込んでしまえばもう大変。脇がぶつぶつと赤くなり、炎症を起こしてしまいかねません。

これを繰り返していると、お肌が自分自身を守ろうとしてメラニン色素をお肌の中で過剰に発生させてしまいます。

そうしてこれが、ゆくゆくは色素沈着を起こして脇全体が黒ずんでしまいかねませんよ。

 

脇毛を抜くデメリット②埋もれ毛が出てきてしまう

埋もれ毛と呼ばれるもの―これの正式名称は「埋没毛」。

読んで字のごとく、皮膚の中でくるくるっと丸まって埋もれてしまっている毛の事ですね。

埋没毛ができるメカニズム

① 無理やり脇毛を抜くことで、脇の皮膚(毛穴)が傷ついてしまう。
② 毛穴がふさがってしまい、毛が外に出られなくなってしまう。
③ 皮膚の中で毛が成長して伸び、くるくると丸まってしまう。

埋もれ毛って、できてしまうとかなり目立ってしまいますし、気になるんですよね。しかもほおっておくと、埋もれ毛の周りが赤くぽこっと腫れてしまい、更にその毛穴の中に膿がたまってニキビのようになってしまいます。

ちなみに余談ですが…埋もれ毛は決して無理に抜こうとはしないでくださいね。無理やり抜こうとすれば、更に脇の皮膚が傷ついてしまいます。そうなるともうお肌は炎症を起こしてしまい、さらなる黒ずみを生んでしまいますよ。

 

脇毛を自己処理するのであれば抜くよりも剃る

いかがでしたか?できれば脇毛は、自己処理をするのではなく脱毛サロンでプロにお任せするのが一番でしょう。今は低価格で、尚且つ脱毛後のフォローケアも行ってくれるサロンがほとんどです。

とは言え、金銭的にも時間的にも難しい人もいるはず。

その場合は無理に脇毛を抜くのではなく、できればお肌にやさしい脇専用の電気シェーバーなどを使ってみましょう。

キーポイントは“脇専用”ということです。

どこにでも使えるような一般的なT字やI字のカミソリよりは、脇専用のシェーバーのほうが脇のカーブにもフィットしやすく、毛のぶつぶつも目立ちにくいです。

そして何よりお肌の刺激にもなりにくいので、脇の黒ずみ防止にも役立ちますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です