このページの先頭です

脇の黒ずみを解消するには正しい脇毛処理が大切な理由

18views

投稿日:

脇の黒ずみの原因

色素沈着

脇の黒ずみに悩まされる人は意外と多く、誰にも相談することができないまま人知れず悩む人もたくさんいます。また、脇は見えづらい場所にあるため、自分では黒ずんでしまっていることに気付いていない人も少なくありません。脇の黒ずみの原因はたくさんありますが、その中の1つに色素沈着による黒ずみがあります。

脇の皮膚の色素が沈着してしまうことで、全体的に黒ずんで見えてしまう症状です。そんな色素沈着が発生してしまう原因は、ムダ毛の自己処理にあります。脇は毛の生えかわりでもある毛周期のサイクルが短いため、頻繁な処理が必要な部位です。

カミソリや電動シェーバーによるムダ毛の自己処理を繰り返すうちに、刃と皮膚が摩擦によって刺激を受け続けることになり、色素沈着という肌トラブルが発生してしまうのです。

埋没毛

ムダ毛の自己処理によって発生する肌トラブルは、色素沈着だけではありません。カミソリなどの刃から刺激を受け続ける肌は、気づかないうちに小さく細かな傷を負ってしまいます。治癒する工程でかさぶたが作られますが、そのかさぶたによって毛穴がふさがれてしまい、その下で毛が成長してしまうことを埋没毛といいます。

かさぶたの下で、健康な毛がたくさん成長してしまうことで、全体的に黒ずみとなって見えてしまうのです。脇は自己処理の頻度が多い分、埋没毛が発生しやすい部位でもあります。

毛穴汚れ

毛穴から排出される皮脂や汚れは、肌の生まれかわりのサイクルでもあるターンオーバーが乱れることにより、スムーズに排出されなくなり、そのまま毛穴に詰まってしまいます。生活習慣や食生活の乱れにより、肌のターンオーバーに乱れが生じると、正常な肌の生まれかわりが行われなくなるだけでなく、毛穴も詰まりやすくなります。

毛穴に皮脂や汚れが詰まった状態が続くと、やがてこれらの汚れは硬くなり、ますます取れづらくなってしまうのです。毛穴がそんな状態に陥ってしまうと、脇全体が黒ずんで見えてしまいます。

脇の黒ずみ解消法

正しい脇毛の処理方法

脇の黒ずみの大きな原因となっているのは、脇のムダ毛の自己処理です。脇は、自分で手が届きやすい部位であるために、自己処理によってムダ毛を処理する人はたくさんいます。ですが、正しい方法でなければ肌に大きな負担がかかり、黒ずみの原因となってしまいます。まずは、できるだけ自己処理の頻度を少なくすることが大事です。

処理する頻度を少なくした上で、シェービング専用のクリームやローションを使い、脇と刃による摩擦をできるだけ少なくしましょう。毛が生えている流れに逆らってカミソリの刃を滑らせてしまうと、摩擦力が大きくなり肌が傷つきやすくなってしまうため、できるだけ毛の生えている方向に沿って刃を滑らせるようにします。

そして何よりも大事なのは、処理後のアフターケアです。自己処理をした後の肌は、とても敏感でデリケートな状態です。乾燥してしまうと肌トラブルを引き起こしやすくなるため、必ず保湿を心がけること大切です。

皮膚科や美容皮膚科

脇のムダ毛を自己処理していて、黒ずみに気づいた時は、まずは自分の自己処理方法を見直すことが大事です。自己処理方法を見直すことで解消できる場合はいいですが、どうにもならない時は、早い段階で皮膚科や美容皮膚科を受診しましょう。

放置しても黒ずみが自然と改善されることはなく、悪化の一途をたどるだけなので、医師の手により早い段階で治療してもらうことが大事です。

黒ずみの症状が軽い段階ならば、皮膚科や美容皮膚科で「ハイドロキノン」や「トレチノイン」などの薬を処方してもらえます。ひどい黒ずみになると、ケミカルピーリングや、レーザー治療などの治療方法によって、黒ずみを解消する場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です