このページの先頭です

頑固な黒ずみさようなら、これであなたもキレイな肌へ。

21views

投稿日:

そもそも黒ずむ原因を知らないのではないでしょうか?

どんなに美容に関心ある人でも、全身を徹底的にケアするのは至難の業です。特に黒ずみやすくて、夏場には露出が多くなる脇などは、気になるポイントの一つでしょう。そこで今回は、そんな脇の黒ずみについて書いていきたいと思います。

まず黒ずみはどうして起こるのでしょうか?原因は大きく分けて二つあります。一つはメラニン色素、そしてもう一つは角質や皮脂などの老廃物によるものです。

メラニン色素とは、紫外線や物理的なダメージが加わった時、肌への負担を軽減する為に発生する色素のこと。肌を刺激から守ってくれる代わりに見た目が黒くなってしまう事から、あまり歓迎されていない存在です。日常生活の中でメラニン色素が発生してしまう原因としては、「紫外線」「脇毛の処理によるダメージ」がほとんどでしょう。

また、脇の老廃物にも注意が必要です。脇は新陳代謝が活発に行われるので、皮脂や老廃物が非常に溜まりやすくなっています。脇汗を嫌って使用する制汗剤も要注意で、パウダー入りやクリームタイプのものは、皮脂と結びついて角栓になってしまう場合があり、それが毛穴を塞いで黒ずみの原因となるのです。

では、具体的な対策について考えていきましょう。

今日からできる解消法、綺麗な肌を取り戻せ!

黒ずみを解消するためには、制汗剤を使わないのが一番です。薬剤である制汗剤は、汗腺を塞いで汗の分泌を抑えてくれますが、長時間その状態が続くのは肌に良くありません。制汗剤が老廃物の排出を邪魔するため、黒ずみの原因を増やしてしまっているのです。

ですから、汗が気になる人は、脇汗インナーや脇汗パッドを使いましょう。速乾性に優れているので、不快感や臭いも抑えられます。

また、紫外線を避けてメラミン色素の分泌を抑制するためには、外出を控えるのが一番でしょう。しかし、仕事や学校、買い物もありますし、まったく外出しないというのは無理だと思います。ですから外出時には、日傘や露出の少ない服、日焼け止めで日焼け対策を行うのが効果的です。これだけで紫外線によるメラニン色素の分泌を大幅に抑えられます。

しかしここで油断してはいけません。1日の終わりに、日焼け止めがしっかりと洗い流されていないと、そこから黒ずみに繋がってしまいます。アフターケアもしっかりと行いましょう。さらに、毛の処理と衣服の擦れによってもメラニン色素は分泌されてしまうので、これらの刺激にも注意してください。

毛の処理は、カミソリで剃れば肌を傷つける原因となりますし、毛抜きで抜く方法では埋没毛に繋がります。しかし、毛の処理をしないわけにはいかないですよね。そこで、クリニックでの脱毛をおすすめします。ただし、脱毛の刺激によってさらに黒ずんでしまう可能性もありますので、カウンセラーとしっかり相談してください。

衣服の擦れを防ぐには、肌への負担が強いぴっちりとしたタイトな服ではなく、負担の少ない柔らかい服を着るようにしましょう。また、膝も皮膚が薄くて黒ずみやすい部分なので、ストッキングやタイツ、スキニーなどの長時間肌を圧迫する服装はできるだけ避けてください。

メラニン色素は正常なターンオーバーで排出されていくので、生活や服装を改善して溜めないようにすれば、黒ずみも解消されていきます。今回ご紹介した方法以外にも、ビタミンCの摂取や黒ずみに効果があるクリームを使用するといった方法もあるので、ぜひ試してみてください。

黒ずみケアは数日では効果が出ないので、辛いかもしれません。しかし、継続的に正しいケアをしていれば確実に解消へと向かっていくので、諦めないことが一番大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です